熊本生活スポット情報サイト Kumamapレジャー施設 - 江田船山古墳・肥後民家村・歴史民族資料館

江田船山古墳・肥後民家村・歴史民族資料館

熊本生活スポット情報サイト Kumamap

住所玉名郡和水町江田302
TEL0968-34-3047
営業時間09:00~17:00(肥後民家村・歴史民俗資料館)
タグ:名所旧跡 博物館・資料館
ホームページ

全て無料(募金箱有り)

Kumamap - レジャー施設

Google Place 江田船山古墳

評価:5.0
玉名市から和水町に行く途中にある古墳公園です。近くに道の駅、高速のインターがあります。 和水町の金栗四三生家近辺から玉名市の大河ドラマ関連観光に行く際に立ち寄りました 古墳群の他、埴輪の置物や石屋根倉庫があります。 大型無料駐車場完備 トイレ🚻あります かなり広い公園のため、運動するにはよい場所です。
1 か月前
評価:4.0
この古墳に葬られた首長は、五世紀後半に活躍した雄略大王と関係があったようです。この古墳や埼玉の稲荷山古墳は、それまで首長墓の系譜がない地域に突然出現した古墳です。古墳からも、雄略大王に関した文字を刻んだ鉄剣が出土しています。その銘の内容から、古墳の被葬者は、雄略大王に仕えた軍や文書関係の官人と考えられます。  雄略大王は、それまでの伝統的政治体制を支える有力首長どうしの横のネットワークを破壊して、官人を使って権力を中央に集中する革新的体制を敷き、国家形成を一歩進めました。だから、雄略政権を支えた首長はそれまでの伝統勢力でない者も多いのです。官人として任命された江田船山古墳や稲荷山古墳の被葬者こそ雄略大王を支えた首長でした。  つまり、五世紀後半に中央権力を強化しようとする雄略大王の政策が、伝統の政治体制と衝突して、吉備など強大な各地の伝統的勢力の反乱を引き起こし、毛野は、新しい首長と首長権をめぐる争いを引き起こしました。この結果、有力首長の交代が生じ、盟主墳の移動が起きたと考えられています。雄略大王の時代、地方の強大な有力首長の古墳の系譜が移動していますし、中央政権と吉備の争いや、毛野など伝統的地方権力者たちの主導権争いが「記紀」に記録されています。  この古墳の主は、雄略の九州方面での重要な盟主であったのでしょう。そして鉄を手に入れるための朝鮮戦略の重要人物であったのではないでしょうか。
4 か月前
評価:5.0
まさか内部が見学できるとは思ってもみませんでした。出土品は、あらかた国立博物館に没収されたようですが、九州人の魂は、古墳内部でパワーを発しているように感じます
4 か月前
評価:5.0
地震の後に気になって見に行きました。教科書で名前は知っていた場所の実物は見れたので、いつか出土した鉄剣も見に行きたい。
1 か月前
評価:4.0
観るべき物は、殆ど、東京国立博物館に行ってるからと言って、観るべき物がないから行くべき価値がないと言う事は決して無い!
1 か月前

Twitter

「江田船山古墳・肥後民家村・歴史民族資料館」での検索結果です。関係が無い投稿が表示される可能性もあります。ご注意ください。

熊本のレジャー施設を地図から探す